Ask to wedding venue

結婚式場さんへお尋ねしたい質問

All

どちらも多くの会場は持ち込みをさせていただけます。 しかし持ち込みたい品々や会場で料金に違いがあります。
必ず式場ごとに それぞれの料金をお尋ねをされることをオススメします。
どちらも多くの会場は持ち込みをさせていただけます。 しかし持ち込みたい品々で料金に違いがあります。
式場毎に それぞれの料金をお尋ねをされることをオススメします。またメモされることもお忘れなく!
多くの式場で持ち込み料や入館料の名目で費用が必要です。 中には挙式・披露宴を専属業者だけしか撮影出来ない会場もあります。
もしおふたりに『友人や知人のビデオ業者』がいたらその旨でお尋ねされると 式場の許容範囲が広がる場合があります。
そのご友人の席をゲストとして設けるか悩み事も増えますが、先ずはお尋ねされますことをオススメします。
ご友人さんが司会をしてくれても、音響設備利用料金として料金を取られる会場もあります。
必ず料金をお尋ねされる事をオススメします。
ほとんどの式場で「OK」と思います。 ただし念のために確認のお尋ねをされますことをオススメします。
装花は式場ごとに違います。 無料もあれば安価な持ち込み料もあります。 また高額な会場までさまざまです。
もしご友人やゲストに装花をお願いされる計画があれば、必ずお尋ねをされることをオススメします。
会場によっては、1日中使える会場もあります。 また「 ○ 時から ○ 時まで 」のように決まっている会場もあります。、
時間が決まった式場は大きな結婚式場さまに多く、その日に何組も執り行われますので「何時間使える」と お尋ねをされることをオススメします。
大きな式場ほど、複数の結婚式を抱えますので、控え室の貸し出しが重ならないように時間を組んでくれます。 中には、わずか30分程度の会場もあります。
1日1組の結婚式場は、挙式前から披露宴終了後まで ご親族でも使える会場もあります。
また、控え室自体が無い会場もありますので、必ずお尋ねをされることをオススメします。
大半の式場はロビーなどの設備があり、利用できますが、特別なお部屋がある場合もあります。
特に、お爺ちゃんやお婆ちゃん、また赤ちゃんを抱えたご友人の“授乳”も気になりますので、配慮したいポイントをお尋ねされる事をオススメします。
多くの式場では、着付け室が準備されていますので、お母様やゲストの着付けができます。
ドレスを着替えるゲストもいらっしゃいますので 更に“広さ”をお尋ねられる事をオススメします。
控え室からの退室を追われるのはとても悲しいですので、時間に余裕を持って頂けるように依頼と確認をされる事をオススメします。
おふたりの結婚式前にトラブルが起きると、その日全ての結婚式へ波及する場合があります。
一組目の新婦さんが“気分が悪くなり“遅れると、二組目以降の結婚式に影響がおよぶケースがあります。
遠方より起こし頂くゲストの中には、その日のフライトや新幹線の乗車に影響が及ぶ場合もあります。 必ずお尋ねしましょう。
もし、ゲストのフライトや新幹線の時刻が判っていたら、トラブル対策のためにも式場に「ゲストのスケジュール」として伝えられます事をオススメします。
披露宴会場を借りるために会場料がかかる式場があれば、かからない会場もあります。
会場料の必要な会場ほど、カメラマンの持ち込み料や入館料が高額になる傾向があるようです。
もちろん、会場によっては無料の会場もありますので、是非 お尋ねをされるといいでしょう。
中には、神様の前なので、ゲストも撮影はできない会場があります。 但し、専属業者だけ挙式が撮影ができる制約が在る式場があります。
国内(特に京都・奈良)の神社仏閣では 神様の撮影は許されていないのは御存知と思います。 この意味を踏まえて、式場内の神前でゲストも撮影ができるかをお尋ね下さい。
天井から釣らした遠隔操作のスポットライトや、直接操作するタイプのスポットまでさまざまです。
スポットライトの「有る」と「無し」では、式の演出効果としてゲストの受ける印象が大きく違います。 
またスポットライトの明るさも、当日の演出でとても重要なポイントなので、式場選びのひとつのしては如何でしょうか。
配膳専門の社員や、アルバイト、また人材派遣など様々です。
接客スタッフが少ないと配膳も遅れがちです。 またお酒もはいりますので、ゲストが満足できない場合もあります。 必ずお尋ねすべき重要な質問になります。
何故なら、「主催者(おふたり)が知らないでは、ゲストを迎えられない」からです。
接客スタッフが担当するテーブルは、一般的には2テーブルにつき1名程度接客スタッフがつきます。また、4テーブル1名の接客アシストスタッフが付きます。
当日のゲスト様が気持ちよく頂けるか とても重要なポイントになりますので 必ずお尋ねをされることをオススメします。
入館時と、お開きに顔を出すだけのプランナーさんも多いですが、1日中 寄り添ってくれるプランナーさんもいます。
当日のメイクから挙式・披露宴の進行まで、また トラブルへの対応まで責任を持って接してくれるプランナーさんの会場もあります。
優先順位は低いですが、お尋ねをされると“安心”や“ゆとり”がうまれます。
ゲストの方がご年配の方や、アトピーの方など様々です。 配慮してくれる式場も増えましたが、必ず確認されますことをオススメします。
またゲストから、案内状や電話で「食事情報」を集めることも お忘れなく!
多くの結婚式場は、30分程度とってくれますが、移動時間も含まれますのでご注意ください。
特に、御家族やご友人とのドレス写真撮影の時間は、挙式と披露宴の間だけですので 確認ポイントのひとつです。
レンタルした衣装を披露宴後の二次会に着ていく場合、追加料金がかかる場合があります。 ご計画の際は料金確認をお忘れなく。

持ち込みについて

どちらも多くの会場は持ち込みをさせていただけます。 しかし持ち込みたい品々や会場で料金に違いがあります。
必ず式場ごとに それぞれの料金をお尋ねをされることをオススメします。
どちらも多くの会場は持ち込みをさせていただけます。 しかし持ち込みたい品々で料金に違いがあります。
式場毎に それぞれの料金をお尋ねをされることをオススメします。またメモされることもお忘れなく!
多くの式場で持ち込み料や入館料の名目で費用が必要です。 中には挙式・披露宴を専属業者だけしか撮影出来ない会場もあります。
もしおふたりに『友人や知人のビデオ業者』がいたらその旨でお尋ねされると 式場の許容範囲が広がる場合があります。
そのご友人の席をゲストとして設けるか悩み事も増えますが、先ずはお尋ねされますことをオススメします。
ご友人さんが司会をしてくれても、音響設備利用料金として料金を取られる会場もあります。
必ず料金をお尋ねされる事をオススメします。
ほとんどの式場で「OK」と思います。 ただし念のために確認のお尋ねをされますことをオススメします。
装花は式場ごとに違います。 無料もあれば安価な持ち込み料もあります。 また高額な会場までさまざまです。
もしご友人やゲストに装花をお願いされる計画があれば、必ずお尋ねをされることをオススメします。

施設利用について

会場によっては、1日中使える会場もあります。 また「 ○ 時から ○ 時まで 」のように決まっている会場もあります。、
時間が決まった式場は大きな結婚式場さまに多く、その日に何組も執り行われますので「何時間使える」と お尋ねをされることをオススメします。
大きな式場ほど、複数の結婚式を抱えますので、控え室の貸し出しが重ならないように時間を組んでくれます。 中には、わずか30分程度の会場もあります。
1日1組の結婚式場は、挙式前から披露宴終了後まで ご親族でも使える会場もあります。
また、控え室自体が無い会場もありますので、必ずお尋ねをされることをオススメします。
大半の式場はロビーなどの設備があり利用できますが、特別なお部屋がある場合もあります。
特に、お爺ちゃんやお婆ちゃん、また赤ちゃんを抱えたご友人の“授乳”も気になりますので、配慮したいポイントをお尋ねされる事をオススメします。
多くの式場では、着付け室が準備されていますので、お母様やゲストの着付けができます。
ドレスを着替えるゲストもいらっしゃいますので 更に“広さ”をお尋ねられる事をオススメします。
控え室からの退室を追われるのはとても悲しいですので、時間に余裕を持って頂けるように依頼と確認をされる事をオススメします。
おふたりの結婚式前にトラブルが起きると、その日全ての結婚式へ波及する場合があります。
一組目の新婦さんが“気分が悪くなり“遅れると、二組目以降の結婚式に影響がおよぶケースがあります。
遠方より起こし頂くゲストの中には、その日のフライトや新幹線の乗車に影響が及ぶ場合もあります。 必ずお尋ねしましょう。
もし、ゲストのフライトや新幹線の時刻が判っていたら、トラブル対策のためにも式場に「ゲストのスケジュール」として伝えられます事をオススメします。
披露宴会場を借りるために会場料がかかる式場があれば、かからない会場もあります。
会場料の必要な会場ほど、カメラマンの持ち込み料や入館料が高額になる傾向があるようです。
もちろん、会場によっては無料の会場もありますので、是非 お尋ねをされるといいでしょう。
中には、神様の前なので、ゲストも撮影はできない会場があります。 但し、専属業者だけ挙式が撮影ができる制約が在る式場があります。
国内(特に京都・奈良)の神社仏閣では 神様の撮影は許されていないのは御存知と思います。 この意味を踏まえて、式場内の神前でゲストも撮影ができるかをお尋ね下さい。
天井から釣らした遠隔操作のスポットライトや、直接操作するタイプのスポットまでさまざまです。
スポットライトの「有る」と「無し」では、式の演出効果としてゲストの受ける印象が大きく違います。 
またスポットライトの明るさも、当日の演出でとても重要なポイントなので、式場選びのひとつのしては如何でしょうか。

スタッフについて

配膳専門の社員や、アルバイト、また人材派遣など様々です。
接客スタッフが少ないと配膳も遅れがちです。 またお酒もはいりますので、ゲストが満足できない場合もあります。 必ずお尋ねすべき重要な質問になります。
何故なら、「主催者(おふたり)が知らないでは、ゲストを迎えられない」からです。
接客スタッフが担当するテーブルは、一般的には2テーブルにつき1名程度接客スタッフがつきます。また、4テーブル1名の接客アシストスタッフが付きます。
当日のゲスト様が気持ちよく頂けるか とても重要なポイントになりますので 必ずお尋ねをされることをオススメします。
入館時と、お開きに顔を出すだけのプランナーさんも多いですが、1日中 寄り添ってくれるプランナーさんもいます。
当日のメイクから挙式・披露宴の進行まで、また トラブルへの対応まで責任を持って接してくれるプランナーさんの会場もあります。
優先順位は低いですが、お尋ねをされると“安心”や“ゆとり”がうまれます。

料理について

ゲストの方がご年配の方や、アトピーの方など様々です。 配慮してくれる式場も増えましたが、必ず確認されますことをオススメします。
またゲストから、案内状や電話で「食事情報」を集めることも お忘れなく!

その他について

多くの結婚式場は、30分程度とってくれますが、移動時間も含まれますのでご注意ください。
特に、御家族やご友人とのドレス写真撮影の時間は、挙式と披露宴の間だけですので 確認ポイントのひとつです。
レンタルした衣装を披露宴後の二次会に着ていく場合、追加料金がかかる場合があります。 ご計画の際は料金確認をお忘れなく。